話題の焼き小籠包が大阪上陸!JR大阪環状線玉造駅徒歩2分、JR東西線大阪天満宮駅より徒歩1分

焼き小籠包(生煎饅頭)とは

焼き小籠包とは

焼き小籠包(生煎饅頭)とは

当店の焼き小籠包

焼き小籠包(生煎饅頭・シェンチェンマントウ)は、中国の上海料理で、挽き肉の具を小麦粉の皮で包み、鉄板で蒸し焼きにした包子です。

上海発祥の料理ですが、現在は上海以外にも中国のさまざまな地域と、香港、台湾でも一般的に食べられている人気の高い料理です。

小籠包のように噛むと包子の中からスープがあふれ出る点が焼き小籠包(生煎饅頭)の特徴ですが、天然100%コラーゲンスープの味わいに加え、焦げ目が香ばしくカリッとした感触が味わえる料理です。

もともとはおやつや夜食として食べていた料理のようですが、上海では朝早く開店する店もあるため、朝食としても親しまれています。